SEARCH

「ベーサルシュート」の検索結果59件

  • 2021年2月8日
  • 2021年3月21日

【2月の薔薇】培養土のpH調整と良い新芽の選定はお忘れなく!

薔薇を育てておられる皆さん、冬の薔薇のお世話は完了していますか!? 冬剪定やつる薔薇の誘引、そして寒肥…冬の間に実施することが最適な作業がたくさんあります。 冬の寒い時期になるので、外に出て薔薇のお世話をするのが億劫になる季節ではあります。しかし、春 […]

  • 2021年1月25日
  • 2021年3月21日

つる薔薇をオベリスクにコンパクトに仕立てる冬剪定

冬の薔薇のお世話の中で、最も気が重くなるのが…つる薔薇の冬剪定と誘引の作業です…。 とても太く剛直な枝に、非常に鋭い棘が無数についているつるを誘引する作業は、ある種の危険な作業になります。 毎年、つる薔薇の誘引作業の際には、手に棘が刺さったり、棘が服 […]

  • 2021年1月21日
  • 2021年5月6日

【薔薇】ガブリエルの冬剪定 -どれだけ切れば良いの?-

河本バラ園さん作出の有名な薔薇「ガブリエル」。 少し栽培が難しい薔薇ではありますが、その繊細な花姿と素晴らしい香りから、栽培にチャレンジする方が多い人気の薔薇です。 私も2020年に家にお迎えして、約1年間の栽培を続けてきました。そして、ガブリエルが […]

  • 2021年1月18日
  • 2021年3月21日

ミニ薔薇の冬剪定方法 -成長を見据えた剪定-

薔薇栽培の中で最も重要と言えるお世話の一つが「冬剪定」になります。 前年の春から秋にかけて伸びた枝やベーサルシュートを剪定して、次の春以降も綺麗な樹形を保ち、新しい枝を元気に伸ばしてもらうために必須の作業です。 冬剪定は大輪の花を咲かせる品種の薔薇だ […]

  • 2020年12月21日
  • 2021年3月21日

薔薇は幾つ花を咲かせるのか?春と秋に比較しました

一株の薔薇は、一年にどのくらいの花を咲かせてくれるのか? 皆さんは、その数を御存じですか? もちろん、品種によって大きく異なります。また、四季咲きの薔薇であれば、春から秋にかけて概ね1か月半から2カ月の間隔で花を咲かせてくれますが、一季咲きの品種では […]

  • 2020年11月17日
  • 2021年3月21日

晩秋の薔薇は葉をたくさん残して休眠の準備

11月の半ばになると、多くの薔薇が秋の開花を終えて、花後の花柄取り作業が始まります。 秋の開花後の薔薇も、春や夏と同じように花後の処理が必要ですが、少しだけ剪定や花後処理のやり方を変えるだけで、冬の休眠の前に蓄えられrエネルギーの量が大きく変わってき […]

  • 2020年9月29日
  • 2021年3月21日

夏剪定後のミニ薔薇は芽かきの作業もお忘れなく!

最高気温が30℃を下回り、秋の雰囲気が感じられる9月後半。 夏剪定を行った薔薇には、秋の開花に向けた新芽の元気な芽吹きが見られる季節となります。 夏の間、猛暑に耐えてきた緑色の葉の隙間から、赤色の葉を伴いながら元気な新芽が出てくる姿をみると、秋に向け […]

  • 2020年9月20日
  • 2021年3月21日

ミニ薔薇の夏剪定は秋に向けてしっかり切り戻すべき

ミニ薔薇の長所は、次々と花芽・蕾を出して、年間を通じて多くの薔薇を咲かせてくれるところです。 また、株の大きさが小さいので、玄関先やベランダなどの限られたスペースでも薔薇を楽しむことができること、他の草花との寄せ植えにも使えることが園芸品種として人気 […]

  • 2020年9月13日
  • 2021年3月21日

ルージュ・ピエール (つる薔薇) の夏剪定で気を付けていること

つる薔薇と言うと「とても長いつるを伸ばして成長する勢いのある薔薇」と言うイメージがあります。 特に有名なつる薔薇の「ピエール・ドゥ・ロンサール」もとても太い枝を伸ばし、年に一度だけ春に満開の素晴らしい花を咲かせてくれます。 しかし、10号鉢程度の小さ […]

  • 2020年9月11日
  • 2021年3月21日

つる薔薇のベーサルシュートは蕾を一つだけ残して花を楽しむ

薔薇を栽培する中で、最も嬉しい出来事の一つが根元から発生するベーサルシュートが出た瞬間ではないでしょうか? もちろん、春や秋の薔薇の開花時期も嬉しいですが、ベーサルシュートは来年以降の薔薇の開花を担う大事な枝になります。そのため、ベーサルシュートが育 […]