SEARCH

「ベーサルシュート」の検索結果49件

  • 2021年9月24日
  • 2021年9月24日

水切れ・夏バテした薔薇を復活させる方法 -実例で紹介-

年々、気温の上昇が顕著な日本の夏… 都市部では最高気温が35℃を越える日が続くのが当たり前の日常の様になっています。 夏の気温が高くなることは、私達人間にとっても厳しい現実なのですが、薔薇をはじめとする園芸品種の植物にとっても厳しい季節であることは間 […]

  • 2021年9月10日
  • 2021年9月27日

【薔薇】シェエラザートの栽培記録と特徴の詳細 -新苗からの育て方-

ロサ オリエンティスの育種家である木村卓功さんの代表作「シェエラザート」。 独特な尖ったピンク色の花弁が特徴的で、薔薇栽培を趣味にしている方であれば、誰もがその名前を一度は聞いたことがある超有名な品種です。 木村卓功さんは他にも「オデュッセイア」や「 […]

  • 2021年5月16日

薔薇の新苗は鉢増しで確実にベーサルシュートが発生!薔薇栽培の醍醐味!

毎年、3月の後半から4月に入ると、園芸店に薔薇の新苗が並びます。 もちろん、薔薇の大苗も冬から春にかけて販売されていますが、フレッシュな新苗が並ぶのを見ると、温かい春の訪れを感じることができますね。 薔薇の教科書を見ると、新苗は「薔薇の赤ちゃん」と呼 […]

  • 2021年5月7日
  • 2021年5月25日

【薔薇】花が咲いた新苗を購入したら直ぐにやるべき事 -花が咲いた弊害の実例も紹介-

桜が満開になる3月後半から4月初旬にかけて、薔薇の新苗たちが園芸店の店頭に顔を出し始めます。 薔薇の新苗は大苗に比べて枝の数が少なく、枝の太さも細いため、まさに「薔薇の赤ちゃん」と言えるような状態。 販売用のポットも小さなビニールポットに植えられてい […]

  • 2021年5月5日
  • 2021年9月2日

【薔薇】ジュード・ジ・オブスキュアの栽培記録 -注意点や特徴を紹介-

数多くの品種があるイングリッシュローズの中でも、オレンジ色の香りが素晴らしい花を咲かせる薔薇の一つが「ジュード・ジ・オブスキュア」です。 薔薇栽培を趣味にしている方であれば、一度はその名前を聞いたことがあるであろう有名な薔薇ですが、2021年に我が家 […]

  • 2021年4月16日
  • 2021年5月12日

【薔薇】冬剪定の違いで春の花数と成長に大きな差!実例を紹介

2021年も4月の中旬になり、我が家の薔薇達も蕾がどんどん膨らんできました。 樹勢が強い「薔薇の殿堂入り」を果たした品種は、今にも咲きそうな大きな蕾を幾つも付けています。 春の薔薇の成長は非常に早く、冬の葉の無い状態が嘘のように、青々とした葉をたくさ […]

  • 2021年4月10日

2021年春にお迎えした薔薇の紹介をします!-ジュード・ジ・オブスキュアとシェエラザート-

2021年も4月の中旬になり、徐々に薔薇達の蕾が大きく膨らんできました。 成長が速い品種と遅い品種で、蕾の成長には差がありますが、我が家の薔薇は総じて順調に育っています。 春の強風で柔らかい新芽の茎が折れてしまったものもありましたが、多くの薔薇が蕾を […]

  • 2021年3月15日
  • 2021年3月21日

なぜ薔薇の株は集めたくなるのか?薔薇の誘惑とは?

薔薇の栽培を楽しんでいる皆様に言えることだと思いますが、毎年のようにお家の薔薇の株が増えているのではないでしょうか? もちろん、私もそうですが…。 毎年新苗や大苗のシーズンになると、薔薇のカタログやインターネットの情報を見て、次はどの薔薇を家に迎えよ […]

  • 2021年3月9日
  • 2021年3月21日

ミニ薔薇の春の芽かき -病害虫を防ぐ第一歩-

園芸店に行った際に、年間を通して目にする薔薇が「ミニ薔薇」です。 挿し木苗で生産された小さなミニ薔薇は、贈り物の鉢植えとしてだけでは無く、寄せ植えの主役にも使うことができるため、小さくても華やかな園芸品種と言えます。 ミニ薔薇は、花が終わったら栽培を […]