toru
AUTHOR

toru

ご訪問ありがとうざいます。筆者のtoruです。京都大学卒業後、普段は電気関係の研究をしております。関西で子供2人を育てながら、2015年から週末の趣味で薔薇と園芸を始めました。その後、園芸にのめり込んで深い知識まで勉強を重ねてきました。その学んだ内容を皆様にも発信していくためにブログを運営しています。皆様に共感いただけると共に役立つ情報の発信を進めていきます。コメント・メッセージいただけると、ブログのモチベーションになります。いつでもお待ちしております。

  • 2023年1月21日
  • 2023年1月21日

薔薇の冬剪定を完了しました!様子を少し紹介します (2023年1月版)

12月初旬から徐々に葉を落とし始める薔薇も、1月中旬になると休眠状態に入ります (関西の市街地の場合) 。 アントシアニンが蓄えられた薔薇の枝は赤く染まり、薔薇栽培を趣味にされている方にとっては、冬の風物詩の様な光景かと思います。 そして、その時期に […]

  • 2022年12月25日
  • 2022年12月25日

【東京寿園】ハイドロカルチャーの観葉植物をレビュー

部屋の中に置いてあるだけで、部屋をスタイリッシュに見せてくれたり、目の癒しを与えてくれる「観葉植物」。 100円ショップで入手可能な小さな株から、部屋の天井に到達しそうな大きな株まで、品種も様々なものがありますので、お気に入りの観葉植物を探している時 […]

  • 2022年12月9日

ビデンス (ゴールデンエンパイヤ) の栽培記録 ~生育旺盛で花数が凄い!~

キク科の植物の一つで、日本の園芸界でも有名な品種の一つが「ビデンス」です。 日本だけでは無く世界中に分布している有名な植物で、主に春と秋に花を咲かせてくれます。 そのため、冬の終わりや夏の終わりに園芸店で目にしたことがある方も多いのではないでしょうか […]

  • 2022年11月30日

秋どれミニトマトを種から育てよう!

「ミニトマト」と言えば家庭菜園の定番のような野菜ですが、多くの方が初夏に種まきをするか苗を購入して育てていくイメージがあるかと思います。 実際、私も家庭菜園では毎年のように、夏のミニトマト栽培を行っております。 誰でも比較的簡単に育てるられる野菜です […]

  • 2022年11月20日
  • 2022年11月20日

蔓の折れたキュウリは収穫できるのか!?実際に育ててみました

家庭菜園で大人気の野菜「キュウリ」。 キュウリは夏野菜の代表格として有名ですが、秋に実りを迎える品種もあるため、栽培・収穫を楽しめる期間が長いという特徴もあります。 また、キュウリは小学生が植物の成長を学ぶ教材にも使われるくらい、栽培が容易であるとい […]

  • 2022年11月2日

ミニ薔薇を立派な株に育てる手順 -鉢植え栽培での実例-

私が以前公開した記事 (下のリンク) で、ミニ薔薇を地植えで大きく育てた実例を紹介しました。 この記事の中では、地植えにする際の注意点などをメインに記載していたのですが、ミニ薔薇の成長を詳細に記録した記事とは言えませんでした。 そこで、今回はミニ薔薇 […]

  • 2022年10月31日

【薔薇】秋の開花後の管理方法について

10月中旬から11月中旬の深まりゆく秋の中で開花する「秋の薔薇」 … 。 紅葉が色づき始める季節であり、哀愁が漂う中で咲く薔薇のため、春の華やかさとは違った落ち着いた雰囲気があります。 「秋の薔薇は色に”深み”がある」と言われることも多く、同じ薔薇の […]

  • 2022年10月4日
  • 2022年10月12日

秋どれの枝豆を種から育ててみよう!種まきからの育成記録を紹介

お酒のお供 (おつまみ) としてだけでは無く、サラダに入れたり、ご飯と一緒に炊いても美味しい豆と言えば「枝豆」です! 年間を通じてスーパーマーケットに陳列されていますし、冷凍の枝豆も販売されているので、誰もが馴染み深い豆の一つかと思います。 しかし、 […]

  • 2022年9月13日

ラディッシュ栽培で必要な株間を実験調査!

日本では二十日大根の名前でも知られているダイコン属の野菜「ラディッシュ」。 種まきから収穫までが非常に短く、1ヶ月程度で収穫が可能であり、真冬を除けば年間を通じて収穫を楽しむことができる野菜です。 また、誰でも簡単に育てられることから、子供と一緒に楽 […]

  • 2022年8月23日

簡単に育つ野菜!ベビーリーフを栽培しよう!

野菜や果物を育てる際に必ず心配に思うことがあります … 。 「本当に収穫できるまで育てられるのか…」「たくさん収穫できるのか…」という懸念です。 特に大玉トマトやナスなどの立派な野菜を育てる時は、その心配が大きいですよね…。 私自身、園芸歴が長くなり […]